<740>小船紀宝線

南牟婁郡紀和町〜紀宝町

  旧紀和町小船地区から熊野川に架かる三和大橋東詰を経て紀宝町鮒田に至る。全線ほぼ熊野川左岸に沿っていて三和大橋以南は国道168号線の対岸路となる、 本宮と新宮間の熊野詣の陸路でのルートとして川端(川丈)街道と呼ばれた。旧紀和町楊枝地区と紀宝町浅里地区を除けばほぼ1〜1.5車線で、特に町界前後は離合が困難で交通量は少ない、三和大橋以南には国道42号線に至るまで20キロ程の間は和歌山県側に渡る橋がな く、沿線には商店などは皆無。
   
   

 <780>熊野川紀和線熊野川町方面への分岐、小船紀宝線は右折方向。

 <780>熊野川紀和線三和大橋をくぐる。

 

 旧紀和町(熊野市)と紀宝町の境界
 熊野川の対岸に国道168号線が見える
 紀宝町浅里地区、飛雪の滝とキャンプ場、自販機がある。
 
 
 熊野川河口近くに浮かぶ御舟島、殆ど平坦な小船紀宝線だがこの先に急坂がある。
 紀宝町鮒田、<35>紀宝川瀬線に至る。

 

 

走行実績

2004/5/12(楊枝←)

2006/4/24(楊枝→)