<38>すさみ古座線(古座街道)

西牟婁郡すさみ町〜古座川町〜古座町

 すさみ町中心部から周参見川沿いに東進、獅子目峠で旧佐本村域に入り洞谷隧道で古座川上流域に入り河口まで川沿いに南下する。国道371号線を挟んで、七川ダム以西と古座川沿いの鶴川橋から河口の古座町の区間に分かれる。古座川沿いの区間を除いて交通量は少ない。司馬遼太郎の「街道を行く」にも古座街道として紹介されていたりするが、険しい枯木灘海岸沿いの大辺路(国道42号線)の迂回路として古くから利用されていたのだろう。

 

 
 
 「琴の滝」のある本家平付近までは拡幅が進んだ
 
 
 

 すさみ八景「雫の滝」、駐車スペースはないが、自転車ならでは、ちょっと置いて降りて行けば良い。
 
 

 大河内で<225>大附見老津停車場線と交差する、すさみ町中心部へすさみ交通の1日3往復のバスが通っている。

 獅子目峠 現在では獅子目トンネルが開通しており、佐本地区にかけて改良が進んでいる。

 

 
すさみ町防巳〜<36>上富田すさみ線との併用区間〜すさみ町佐本
   

 すさみ町佐本地区、この付近は元佐本村、この県道の途中では唯一、商店や郵便局がある。なお付近を流れる佐本川は古座川の一支流だが、川沿いの<224>佐本深谷三尾川線は未開通。

 堀切峠、洞谷隧道をくぐると古座川町添野川。
 古座川町添野川、左折すると将軍川林道
 湯の花橋を渡り国道371号線となる。
湯の花橋〜国道371号線との併用区間〜鶴川橋

 古座川町鶴川橋で六郎峠を越え串本町へ入る国道371号線と別れて古座川沿いに走る。
古座川町川口の明神橋、<43>那智勝浦古座川線への分岐。
 <228>高瀬古座停車場線への分岐。
 古座川町河内橋、鶴川橋から古座川左岸を走ってきた<38>すさみ古座線と左岸を走る<228>高瀬古座停車場線が入れ替わる。
   

走行実績

1998/7/18(周参見→防巳)

2004/5/27(明神橋→古座駅)

2004/6/15(→湯の花橋)

2004/7/2(添野川→湯の花橋)